2007年01月01日
退職不安解消サポートパック
●退職日を迎える前に
       解消しておきたい9つの疑問
 

まず、これをお読みのあなたに、質問があります。
本日から6ヶ月以内に、退職の予定がありますか?
 

×「いいえ」と答えた方は・・・

このサービスを利用するには早いですが、退職まで6ヶ月を切ったらもう一度このページにお越しください。その時、お役に立つでしょう。
 

○「はい」と答えた方は・・・

あなたの会社で《親身で優秀な総務・人事担当者》から十分なサポートを受けられないと、将来のお金に関する不安を残したまま退職日を迎えるでしょう。当サービスの利用をおすすめします。

では、具体的に退職の前後において、将来のお金に関わる
どのような疑問や不安があるか知っていますか?

基本として押さえておきたいのは、以下の9種類です。
 

【退職前】

1.退職後、転職後のマネープラン(生活設計)は本当に大丈夫?
2.退職前に『生命保険の見直し』をしておいた方がいい?
3.退職金の受け取りは『一時金と年金』どちらの方がいい?
4.退職後の『2つの健康保険』どちらを選んだらいいの?
 

【退職直後】

5.退職後の『失業保険』の受給手続きで注意すべきことは?
6.退職後の『年金の手続き』はどうしたらいいの?
 

【退職金の受取り後】

7.退職金も含めた『金融資産の運用どうしたらいいの?
8.退職金で『住宅ローン繰上げ返済』をした方がいいの?
  (これだけは、住宅ローンを完済されていて心配のない方も多いです)
9.退職した翌年の『確定申告』は税金が戻ってくるの?
 これらのクエスチョンのうち、

7つ以上に自信を持って答えることができて、1番目の質問に『全く心配ない』と言える方は、この先を読む必要はありません。

でも、それ以外の方は・・・

× 将来を考えずに貯蓄を取り崩し過ぎて、家計が破綻

× 退職後に、理想的な保険見直しができなくなって後悔
× 自分にとって不利な退職金の受取り方をして後悔
× 家計全体の保険料が高い方の健康保険を選択して後悔
× 失業保険の給付手続きで失敗
× 年金関連の手続きで思わず失敗
× 退職金を不利な金融商品に投資
× 不利な住宅ローンの繰上げ返済をして後悔
× 申告すれば戻ってくるはずの税金を受取れない
× 将来のお金の不安が解消せず、退職後の生活が楽しめない
などの損失を被ってしまうリスクが、少なからずあります。

このような失敗を避けて、不安のない退職日を迎えるために、生涯生活設計(マネー&ライフプラン)の専門家であるファイナンシャルプランナーによる手厚いサポートを受けたい方は、
「退職不安解消サポートパック」のご案内をお読みのうえ、
お早めに「初回カウンセリング(約60分)」をご予約ください。
 ( 月〜金 10001900 に TEL 054-221-5632 までどうぞ )


※当サービスは50代の方の利用が多いですが、30代〜40代の方の利用も可能です。

●《退職不安解消サポートパック》7つのメリット 

1.退職後「将来を考えずにお金を使っていたら…いつの間にか
  貯蓄がない!」という状況に陥るシナリオを回避できます。

定年退職後・早期退職後のファイナンシャルプラン作成は、将来の安心のために、できるだけ早めの実施がお薦めです。
当サービスでは、1人で行うよりも少ない時間とストレスで、精度が高くて安全度の高い、退職後の資金設計ができます。

2.退職前に《保険の見直し&整理》をプロと一緒に行うことで、
  ムダな保険料の節約と必要な保障の充実が同時に図れます。

保険の整理や見直しをせずに退職を迎えると、医療保障が不足していたり、死亡保障が多すぎるケースが多いです。
退職後に困ることがない、保険の見直しを実施しましょう。

3.退職後の資産運用プランを専門家と一緒に作ることができます。
  リスクの軽減を重視しながら、着実なリターン向上を目指します。

 ※多くの方は、ご自身の運用に関して、
 (1)低すぎる期待リターン → 貯蓄が減るスピードが速い
 (2)リスク軽減策を取らない → 一定の確率で大幅な資産減
 (3)インフレ対策が全くない → 資産が大幅に目減りする可能性
いずれかの落とし穴に陥ってしまうことが多いですです。
3つの死角を避けた、できるだけ失敗する確率が低くなる、本格的な資産運用プランを一緒に作りましょう。

4.退職後の健康保険について、複数の方式のどれを選ぶのが
  望ましいか…を一緒に考えてもらうことができます。

『国民健康保険(コクミンケンコウホケン)』や『任意継続(ニンイケイゾク)』 などの有利不利は、退職前の所得、家族状況、市町村などにより異なるので注意が必要です。退職後の健康保険の選択を一緒に考えましょう。 

5.退職後の《国民年金》や《失業給付》などの手続きについて、
  分からないことがあれば気軽に質問することができます。

退職後の手続きは、遅れるとお金を損をする場合と、少しぐらい遅れても大きな問題にならない場合があります。できるだけ不安のないように、着実に進めていきましょう。
各種給付を受けるために必要な手続きを行ったかどうか、サポート期間中は1つ1つ確認をさせて頂きます。 

6.退職後にも住宅ローンの残債がある方は、住宅ローンの繰上げ
  返済をどこまで実行するのが適切か一緒に考えてもらえます。

  (すでに住宅ローンを完済されている方は、この項目を読み飛ばしてください) 

住宅ローンは退職金で完済した方がいいとは限りません。
注意点やデメリットもありますのでお伝えします。

7.退職した翌年の確定申告(税金の還付など)の手続きについて、
  一般的なレクチャーを受けることができます。

退職後は、住民税の納付や、所得税の申告の必要が生じます。
一般的な質問に対して、担当FPが丁寧にレクチャーします。
個別の税務相談・申告を必要とする場合は、提携税理士と協業でサポートします。(当オフィス提携先、株式会社住まいと保険と資産管理の顧問税理士事務所:池澤会計事務所/東京) 

【結論】

退職前から《住まいと保険と資産管理》の3つの領域に明るいあなた専属のファイナンシャルプランナーを味方に付けることで、退職後のお金について、必要以上の不安を持たずに済みます。

 ●《退職不安サポートパック》流れと料金

 
【退職前】  

1.退職後の《安心のためのファイナンシャルプラン》作成

退職後の収支や貯蓄残高の推移に関して、 本格的なシミュレーションを実施します。これは、プロのファイナンシャルプランナーの助けを借りないとリアリティーのあるプランを作るのは難しいと思います。

どのくらいの水準で取り崩していくと、資産運用率が何%を下回ってしまうと、寿命を迎えるまでに貯蓄が底をついてしまうのか?
支出を多めに、収入を少なめに見積もった…保守的なプランは必ず作ります。

そのうえで、優先順位の低い支出を削ったり、現在よりも資産運用率を高めることができた場合を想定した、改善後のキャッシュフロー(将来のお金の収支表)を作成します。

※ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
 個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません
                       ▼

2.在職中に行う《保険の見直し、整理》支援サービス

当オフィスの1番人気サービス「保険見直しサポートパック」と同じ内容の充実したサポートが受けられます。
個別カウンセリング、見直しプランの提案、実行サポートを 行います。保険料の負担を減らしながら、老後に必要な保障を確保しましょう。
                       ▼

3.《退職金の受取り方法》に関する意思決定サポート

どちらか一方が、非常に不利だったり、リスクが高いケースもあります。
年金の場合、実質的に何%で運用してもらえるか確認しましょう。
一時金の場合、現実的に何%で運用できそうかを想定しましょう。

情報を整理して、意思決定のポイントを一緒に考えます。
                       ▼

4.退職後の《健康保険》選択サポート

健康保険は、聞き慣れない言葉がたくさんでてきて混乱しますよね。

ニンケイか? コクホか? それとも配偶者の扶養になれる?
ベストの策をいっしょに探っていきましょう。
                       ▼ 
【退職直後】

5.退職直後の《失業保険・年金の手続き》に関するアドバイス

失業保険の手続きに関することはハローワークで何でも聞けます し、年金のことは社会保険事務所に行けば無料で相談できますが、親切に教えてくれる場合と、そうでない場合が…あるようです。

忘れて損することがないように、いっしょに確認を行っていきます。
                       ▼ 
【退職金の受取り後】

6.退職金受給後の《金融資産運用》プラン作成

資産運用サポートパック」と同じ内容の充実サポートが 受けられます。
退職前に「資産運用の3つのポイント」に沿ったプランを作成します。

退職金の受け取り後には、その時のマーケット環境に合わせて プランを調整しながら実行できるように、丁寧にサポートします。
                       ▼

7.住宅ローン繰上げ返済アドバイス
  ※ここは、住宅ローンのない方には関係ありません。

「全額返済」がベストの選択とは限りません。慎重に判断しましょう。
                       ▼

8.退職後の《税金》に関する一般的なレクチャー

退職後、住民税は自分で(前年分を)支払うことになるので、収入がなくなった状態では、重い負担に感じるケースが多いです。
居住地の役所の住民税の窓口で、質問や相談ができます。

退職した翌年の2月1日〜3月15日に確定申告(カクテイシンコク) を行うと、前年度に給与から引かれていた所得税の一部が戻る場合が多いです。数十万円が戻るケースは珍しくありません。

確定申告に関することは税務署に行けば無料で相談できますが、専門用語を並べられてチンプンカンプン…ということがないように、ご希望に応じて、基礎知識が高まるレクチャーをいたします。
 

【まとめ】
 「退職不安解消サポートパック」は、こんな人に向いています。

●退職後のライフプラン(=リタイアメントプラン)を作成する機会がない
●勤務先では、通り一遍の退職セミナーしか受けられそうにない
●大企業ではないので、退職者向けのサポートが充実していない
●「リスクを軽減しながら、退職金の運用をする」ことに自信がない
●退職前後に必要な、一連の細かい手続きを忘れないようにしたい
●この機会に、本格的な「ライフプラン」と「資産運用プラン」を作りたい

●《退職不安解消サポートパック》料金について

1〜8の全サービスを別々に提供すると、20時間以上の専門業務を要しますので、もし時間制料金(1時間の労務:6,300円)で提供すると、10万円を超える金額のサービスになります。

しかし 「退職不安解消サポートパック」では、複数の専門サービスを体系的に提供することで、質を落とさずに実質的な割引となる『特別パック料金』を適用いたします。
 

【特別パッケージ料金】

    52,500(税込)


※上記料金にて1年間、または退職した翌年3月31日まで、1〜8の全サービスが追加料金なしで利用できます。 
20070228000016.jpg










●安心の保証制度について

 
当サービスでは皆様に安心してご利用いただけるように、自信あるプロの仕事の証として「100%満足保証」制度をお付けしています。 

 もし、サービスの価値が料金に見合わなかったら・・・
 もし、専門用語を並べ立てられて全然理解できなかったら・・・
 もし、FPが親身になってサービスをしてくれなかったら・・・
              ▼
      「100%満足保証」制度 

あなたがこのサポートパックを利用した場合、万一すこしでも不快な思いをされたり、サービスの価値が支払った料金に満たないと思われた場合は、頂いた料金を全額返金します。

当制度の利用はカンタンです。万一そのような状況になった場合、本サポートパック完了後90日以内に、当オフィスの山川まで満足保証制度を利用の旨と理由をお電話にてお伝えください。(TEL 054-221-5632、平日10:0018:00)。


既にお客様より頂戴しているサポートパック料金100%を、8営業日以内にお客様名義の銀行口座に振込みます。

※当オフィスとしては、この制度が乱用されると損失をこうむってしまうリスクがありますが、最高の安心感を持って当サービスをご利用頂きたいと思い導入しております。

 
●お申し込み

退職前6ヶ月〜退職後1ヶ月以内で不安をお持ちの方や、退職不安解消サポートパックの利用を希望される方は、まず初回カウンセリング(60分/3,150)をご予約ください。

Tel 054-221-5632
(月〜金 10001800にお電話のうえ、「退職相談の初回カウンセリングを希望」とお知らせ頂くとともに、面談日時の「第1希望」「第2希望」をお伝えください。
※当サービスは50代の方の利用が多いですが、30代〜40代の方の利用も可能です。

初回面談では、解消したい退職後の不安点を整理しながら退職前後に実行すべき事項を一緒に確認することができます。
また、ご希望の方はサポートパックの申込をすることができます。
※なお、初回カウンセリング料金のお支払い後にサポートパックを利用する場合、初回カウンセリング料金(3,150円)は差し引きとなりますのでご安心ください。


または、以下のリンクをクリックし、その後に表示されるフォームに必要事項を入力のうえ、タンを押してください。

 FPサポートパック 問い合わせフォーム

 なお、
ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません弊社の個人情報保護方針はこちら


●お問い合わせはこちらから 

退職不安解消サポートパックの利用に関してご不明な点がある方は、こちらのフォームよりご質問頂くか、054-221-5632までお電話ください。 

 FPサポートパック 問い合わせフォーム