2006年04月18日
こいづかいを通じて自立と自律を
 小学生のお子さんをお持ちの保護者を対象とした講座です。

 世の中の社会構造の変化は、大人だけでなく子どもたちにも大きな影響を与えています。
 自己責任を求められる経済社会の中では、子どもたちにとって「読み」「書き」「ソロバン」とあわせて「健全な金銭感覚」も必須となります。

 子どもにお金のことを教える我々の育った時代と、これからの子どもたちが育つ時代は確実に違います。まず、その点を理解しなくてはなりません。

 私たち親世代が、いま子どもたちに最もしなければならないことのひとつは、「自分で考え」「自分で答えを出し」「自分で決めて」「自ら行動を起こす」というような、生きるチカラをつけてあげることです。
 そのための体験や経験の場をつくること、そして少し離れたところから見守ってあげることが、親から子どもへの最高の贈り物となるはずです。

 これを実践するする方法として、マネーじゅくは「こづかい」を教材とした家庭での金銭教育を提案しています。
 大切なのは、教え込むことではなく、子どもが多くの経験を積み重ね、自ら気づくことができる環境を整えることです。それを行うことができるのが、家庭という場であり、親(保護者)です。

 この講座では、時代背景に始まり、これからの子どもに何が必要なのか。こづかい制を活用して、どのように家庭で金銭教育を進めていったらよいのか、などをお話します。
 また、私たち大人についても、知っておくべきお金とのかかわりについてお話をします。グループや団体の学習会のテーマとしても最適です。

 詳しくは、下記までお気軽にお問合せください。
 電話:054-221-5632 メール:mas706@goo.jp


【講座の対象】
 ● 小学生のお子さんをお持ちの保護者の方
  (母親だけでなく、もちろん父親も対象です。)
 ● 金銭教育に関わっている方々
  (PTAや家庭教育学級の関係者、教員など)

【講座の目次】(一例)
 1.なぜ、いま金銭教育なのか?
 2.親とは違う時代を生きる子どもたち
 3.こづかいで自立を支援
 4.実践!こづかい制
 5.大人のためのマネーじゅく

【セミナー料金】
  基本料金 90分 2万円〜(税別)
  ※ 別途、交通費・資料代をご請求いたします。